当前位置: 首页 » 资讯 » 机械制造 » 日本Fintech株式会社卤素面板加热器,成都原厂进口

日本Fintech株式会社卤素面板加热器,成都原厂进口

核心提示:日本Fintech株式会社卤素面板加热器,成都原厂进口 日本Fintech株式会社卤素面板加热器,成都原厂进口

日本Fintech株式会社平面加熱用ヒーター装置卤素面板加热器,成都原厂进口 日本Fintech株式会社平面加熱用ヒーター装置卤素面板加热器,成都原厂进口
详情介绍:


平面加熱は大きく分けて2種類の方法があります。
①弊社の標準型ラインヒータLHW-35やLHW-60を並列配置で必要本数並べて平面加熱ヒータを構成
する方法?!?00℃MAX.
②専用設計のパネルヒータを使用する方法。1100℃MAX.


→①の方式では電力密度は30~35w/cm2程度が醉大であり、標準のヒータを使って広い面積を1000℃近くまで加熱
可能です。
 →②の方式では電力密度は50w/cm^2以上でも設計可能です。ただし加熱時間が長い場合にはミラー部の冷却に加
え、ランプの冷却も十分に考慮した設計が必要になります。

 注意:ハロゲンランプヒータは水平点灯が基本です。垂直や斜め設置はフィラメントの変形やランプ封止部の過熱等で
短寿命になる恐れがあります。ただし対策可能な場合もありますのでご相談ください。

左図は平面加熱ヒータの加熱温
度と、ヒータの必要電力の関係
です。
例えば30cm×30cmの範囲を
1100℃にする場合、ヒータに必
要な電力密度は左表より約42
w/cm^2ですから、必要電力は
P=42×900=37.8kw
となります。
ラインヒータの並列で達成できる
のは約30~35w/cm^2までであ
り、約1000℃までです。
それ以上の温度になりますと標
準のラインヒータでは達成不可で
あり、幅を狭く加工したラインヒー
タや専用設計のパネルヒータが
必要になります。

標準型ラインヒータ LHW-35 を使用した平面加熱の例












特注型パネルヒータ

ラインヒータの組合せで対応できないような高温用平面加熱装置の場合、各種の大きさに標準品で対応
するのは不可能です。
そのため、このような高温用パネルヒータは特注設計になります。その大まかなコストはヒータ電力容量
1kwあたり約5万円です。ただしこれには電源,コントローラは含みません。製作期間は詳細仕様が確定
後、約60日間です。
相关新闻:

机器人在食品加工机械领域应用成大趋势... 近几年,工业机器人在食品产业中的应用虽然没有电子产业中增长迅速,但总体处于稳健提升态势。随着我国劳动力成...

九亿娱乐网址官网